コンテンツが増やせるようにウェブサイトを設計していく

それでは実際にウェブサイトを設計する手順を紹介していきたいと思います。

近年ではいろいろなウェブコンテンツが過剰となっていますので、ウェブサイトを検索結果に乗せようと思うと、かなりのボリュームが必要となります。

なので、ウェブサイトの内容である「コンテンツ」を増やせるウェブサイトが必要となってきます。

コンテンツを増やせるウェブサイトとはどう言うものでしょうか。

これにはCMS(コンテンツマネジメントシステム)というものを使います。

イメージしやすいものは各社のブログでしょうか。

ブログもCMSの一種で、記事を時系列に並べることができ、どんどん内容も増やしていくことができます。

WordPressを使って製作する

現在、かなりの数のCMSが出回っていますが、今日ではWordPressというCMSが一番シェアを持っています。

現在弊社が受注しているウェブサイトの99パーセントをWordPressで製作しています。

このウェブサイトもWordPressで設計・製作してるため、これからどんどんコンテンツを増やしていくことが可能です。

また、プラグインという仕組みがあり、機能をどんどん追加してカスタマイズできるなど、ウェブサイトを作る上でかなりの優位性があります。

逆に弱点としては、高機能であるがために表示が遅くなってしまったりすることもありますし、セキュリティ的な問題点も数多くありますが、サーバーやセキュリティソフトを増強したりすることで弱点を補うこともできます。

これから色々なCMSがどんどんと出てくるでしょうが、現在CMSの中ではこのWordPressが一番主流だということを覚えていただければ間違いないかなと思います。

また、ワードプレスはデザイン面でも「テーマ」という物があります。

平たく言ってしまいますと、ホームページの枠組みのテンプレートなのですが、その中には世界中のクリエーターが作ったものがあり、デザイン面でもかなり美しいものが揃っています。

ある程度の知識があれば、そのサイトにあったカスタマイズすることも可能ですし、何よりも見た目がとても垢抜けて見えるというメリットもあります。

なので、これからウェブサイトを作ったり、リニューアルする必要があるならば、現在ではWordPressというCMSを使って製作するのが1番であると考えています。

WordPressを使って作ったウェブサイトに、コンテンツをしっかりと練り、計画して掲載していけば検索結果に表示するための条件が整ってきます。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健

WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。

ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。