ダイレクトレスポンスマーケティングとは1

ダイレクトレスポンスマーケティング

当ウェブサイトをご覧くださいましてありがとうございます。

最近、本屋のビジネス書コーナーに行くと「セールス」や「商品開発・企画」「マネジメント」などに並んで、「マーケティング」というカテゴリをよく目にするようになりました。

私は「マーケティング」は、企業の経営者さんにとって、必ず知っておくべきことだと思っていますが、これだけマーケティングが注目され出している背景には、経営者だけでなく、サラリーマン、管理職、技術職、資格職の人にもマーケティングを知っておく必要があり、ニーズもあるからだろうと思います。

またどんな立場や役割であっても、仕事をするにあたって、「経営者視点」を持たなければいけない時代になったんだなと思います。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、仕事に携わる上で必須な知識である「マーケティング」の中の一つの手法ですが、まずはマーケティングとはなにか?について、簡単に解説していきます。

マーケティングの定義

世間でよく聞くカタカナ言葉の意味は、ボンヤリとしか理解していないということがよくあります。

ボンヤリとしか理解していないというのがとても危険で、ビジネスの中でお客様や上司などとのコミュニケーションの過程で、勘違い、思い違い、解釈の違いが起こるなどトラブルの元になります。

特に「マーケティング」という言葉はとても広い意味を持つ言葉なので、意味をしっかり理解するためや、ビジネスでの円滑なコミュニケーションのためにも、言葉の定義を明確にしておくことはとても大事ですね。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。(出典:ウィキペディア)

簡単にいうと「売り手が、お客様が求める商品をつくり、その商品の情報をお客様に発信し、販売して喜んでもらう活動、戦略、仕組み」ということですね。

もちろん、売り手が日本を代表する大企業と中小企業では戦略は異なります。商品によっても戦略は変わりますし、販売方法もさまざまです。

 

ビジネスは、人が困っていることや望んでるものを見つけることがスタートで、売って喜んでもらうことがゴールとして、そのスタートからゴールまでの無数にあるコースの中の、どのコースを選んでゴールにたどり着くか?を考えるのがマーケティングだということです。

マーケティングの中のダイレクト・レスポンス・マーケティング

そのコースの一つに「ダイレクトレスポンスマーケティング」という手法があります。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、現代の日本にとても効果的なマーケティング手法です。

なぜなら、

  • 流行り廃りのスピードが速い
  • 価値観の多様化による、ニーズの多様化
  • 信頼関係を大事にする習慣
  • 企業の99パーセントが中小企業企業である

上記のような日本の現状に、とても相性のいいマーケティング手法がダイレクトレスポンスマーケティングだからです。

投稿者プロフィール

高木 佑介
高木 佑介

マーケティングオフィス KMP 代表


ダイレクトレスポンスマーケティングを日々研究し、クライアントさまの集客の仕組み作りを支援する。


特に紙媒体の広告が得意で、DRMの要素を盛り込んだチラシにより、反応率を平均4〜5倍増やした実績を持つ。


主な業務:DRMセミナー主催、コンサルティング業務、チラシ等広告媒体製作業務など


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です