ダイレクトレスポンスマーケティングとは2

ダイレクトレスポンスマーケティング

当ウェブサイトをご覧くださいましてありがとうございます。

前回は、ダイレクトレスポンスマーケティング(以下ダイレクトレスポンスマーケティング)について知っていただく前に、マーケティングについてと、ダイレクトレスポンスマーケティングはマーケティングの中の一つの手法であるとお話ししました。

 

また、ダイレクトレスポンスマーケティングは下記のような日本のビジネスの現状と、とても相性のいいマーケティング手法だともお話しました。

  • 流行り廃りのスピードが速い
  • 価値観の多様化による、ニーズの多様化
  • 信頼関係を大事にする習慣
  • 企業の99パーセントが中小企業企業である

今回は、なぜダイレクトレスポンスマーケティングが日本のビジネスの現状と相性がいいのかについてお話しします。

ダイレクトレスポンスマーケティングは簡単にいうと、見込み客(お客様になっていただける可能性のある人)一人一人に、広告を発信し、ダイレクトレスポンスの名前の通り、反応(レスポンス)があった人に、直接(ダイレクト)的にコミュニケーションをとり、関係を作っていき、商品を販売していく手法です。

これに対し、真逆のマーケティング手法はマスマーケティングなどと呼ばれ、広範囲に、何度も広告を一方的に発信し続けます。テレビコマーシャルなどはこの手法だといえます。

マスマーケティングとダイレクトレスポンスマーケティングについて、上記の日本のビジネスの現状を一つづつ取り上げ、どちらが相性がいい手法か見ていきましょう。

流行り廃りのスピードが速い場合のマーケティング

現代の日本のビジネス市場は昔に比べ本当に流行り廃りのスピードが速くなったと思います。
一つのブームが起こり、テレビに大きく取り上げられる頃にはもうそのブームは廃り始めていると考えた方がいいでしょう。

マスマーケティングの場合

まずマスマーケティングは、テレビコマーシャルの企画を考え、企画を通し、映像を製作編集し、テレビに放送していきます。
商品ができてから、発信するまでにとても時間がかかります。またマスマーケティングの効果を出すには、一方的に何度も発信し、見込み客の頭に刷り込んでいく必要があります。その刷り込みにも時間がかかり、莫大な広告予算が必要となります。

流行り廃りのスピードが速いビジネス市場に対し、発信にたくさんの時間と費用をかけ、やっと浸透してきたところでその流行りが終わってしまう、ということが起こるのは安易に想像できます。

ダイレクトレスポンスマーケティングの場合

それに対して、ダイレクトレスポンスマーケティングは、商品に対してどんな人が買っているか、どんな人にニーズがあるかを最初にリサーチし、ターゲットを絞ります。

そのターゲットに、興味を引くメッセージ、オファー(取引条件)を発信し、反応があるかを計測します。

反応があったお客様に、詳しい商品説明や、商品を買った人の声などの情報を直接発信して、関係を築きながら、商品の購買に導いていきます。

同時に反応するお客様の数を増やすためにメッセージやオファーを改良し、また計測をします。

マスマーケティングとの一番の違いは、発信のスピードが速いことと、発信する内容の改善がすぐにできることです。

また、ターゲットを絞ることによって、限られた予算でも広告を発信できます。

このように、流行り廃りのスピード速い市場に対して、柔軟かつスピーディーに発信でき、改良改善ができるダイレクトレスポンスマーケティングは、とても相性のいいマーケティング手法だといえます。

投稿者プロフィール

高木 佑介
高木 佑介

マーケティングオフィス KMP 代表


ダイレクトレスポンスマーケティングを日々研究し、クライアントさまの集客の仕組み作りを支援する。


特に紙媒体の広告が得意で、DRMの要素を盛り込んだチラシにより、反応率を平均4〜5倍増やした実績を持つ。


主な業務:DRMセミナー主催、コンサルティング業務、チラシ等広告媒体製作業務など


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です