WordPressの投稿でビジュアルエディタにおける改行について

37Designのブログをご覧くださいましてありがとうございます。

個人的にWordPressで一番大事だと思っているのは、「投稿」つまりブログ記事の書き方なんですね。

ここが決まらなければ絶対にブログが続きません。

前回の2時間のセミナーのうち1時間位はこの投稿の書き方に割いています。

テーマの編集方法よりも投稿が大切

テーマを替えて外観を整えたり、プラグインで昨日を追加したり、メニューでメニューを並び替えたり、ウィジェットを追加したり。

もちろん大事だと思います。

しかしながらやっぱり普段の業務として、「投稿」をしっかりと書けるようにしてほしいなというのが私の持論です。

ということでまずはビジュアルエディタの「改行」の方法について。

WordPressのビジュアルエディタの改行

投稿の書き方での書き方で大事なポイントは、見出しや画像の添付など、いくつかあるんですが、その中でも1番私自身が気を使っていることっていうのがビジュアルエディタの改行なんですね。

ちなみに固定ページも改行の扱いは同じようなものですので、知っていて損はないかと思います。

WordPressにおける改行っていうのはhtmlでいう、「<br>タグ」と「<p></p>タグ」の違いです。

普通に「Enterキー」を押して改行した場合

WordPressの投稿入力画面で「ビジュアル」の場合、普通にEnterを押して改行を行うと、少し間が開いて改行されます。

これはつまり、文章を打ち始めた部分から、Enterを押した部分までが「<p></p>タグ」で囲まれるということなんですね。

つまり別の段落になるということです。

文章の中の一行を別の段落にするということが大切です。

「shiftキー」を押しながら「Enterキー」を押した場合

見た目が美しいと言う理由で「shiftキー」を押しながら「Enterキー」を押す方もおられます。

この操作をすると改行はしますが、行間が開かないんですね。

「shiftキー」を押しながら「Enterキー」を押すと、間が開かずに改行されるので、エディタ上ではきれいに見えるので、この方法でレイアウトを整えようとするかたもいらっしゃいます。

html的にいうとその場所に「<br>タグ」が挿入さるということになります。

これはどういうことかというと、「<br>タグ」その改行された部分も含めて一つの段落として扱われます。

改行も含んだ文章を一つの段落として見るということです。

こうしてしまうと、見出しを指定したり、リストを組んだりすることができなくなり、非常に不便です。

初心者にとってWordPressのこの挙動が掴みづらいです。

ビジュアルエディタでは必ず「Enterキー」のみをつかって改行する

WordPressの仕様上、「<p></p>タグ」「<br>タグ」が含まれてしまった場合でもテキストエディタで見た場合、タグ自体が省略されているため、ほとんど区別がつきません。

タグ自体が隠されているのです。。

初心者のうちはこのタグの挙動に非常に悩まされます。

改行したと思った部分で改行されていなかったり、その逆に意図しない部分で改行されたりしてしまいます。

また<br>の改行すると見出しなどの指定が複数行まで渡ってしまい、数行の見出しになってしまったりします。

別のテキストエディタから持ってきたテキストなども、このような改行が入っていない文章の事が多いですから、ビジュアルエディタで不審な動きをする。

それを防ぐには、改行をきちんと行うということが必要になるわけです。

これって初心者には非常にわかりづらいので、必ずEnterキーだけで改行する必要があるということです。

そうすることで見出しやリスト表示にしたときに美しくまとまり、見栄えの良い文章に見えます。

左寄せの場合、文中で読点を打ち、改行を行う方もいらっしゃいますが、レスポンシブデザインでは非常に見苦しくなる場合が多いため、基本的には文中での改行は行わないほうが綺麗に見えます。

これを踏まえて改行のやり方を覚えてほしいなと思います。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。
ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です