美容室のダイレクトレスポンスマーケティング

美容院のダイレクトレスポンスマーケティング

当ウェブサイトをご覧くださいましてありがとうございます。

今日は美容室のダイレクトレスポンスマーケティングを具体的にお伝えしていきます。

美容院のダイレクトレスポンスマーケティング

マーケット

美容室のダイレクトレスポンスマーケティングもやはり意識するのはマーケットです。

お客様が新しい美容室を選ぶ基準で、一番は「価格が安い」で、二番は「家や職場が近い」という統計結果があります。

ということは、新規のお客様を集めるためには、より近くの企業や住宅街を狙い、思い切ったオファー、例えばカラー、パーマ、ストレート全て半額!などを打ち出すと効果的です。

当たり前のことと思われるかもしれませんが、このマーケットの統計を忘れて、ちょっと距離の離れた高級住宅街にチラシを新聞折込しようとか、ネット広告を充実させようとか色々と考えてしまうことが意外に多いようです。

広告手段は無限にあり、ネット広告を勧める営業マンもいるので、迷ってしまうかもしれませんが、その時にはマーケットのニーズから考えるという基本に立ち返るようにしましょう。

メッセージ

マーケットでお店を選ぶ基準は、一番が「価格が安い」、二番は「家や職場が近い」とお話ししましたが、メッセージにもそれを参考の元、作っていきましょう。

「○○町の新しい美容室の高品質なヘアカラー、パーマを地域最安価でお試しください!」

などが新規顧客獲得には向いているかもしれません。

ここで一番やりがちですが、やっていけないキャッチコピーをお伝えします。

それは「グランドオープン」や「リニューアルオープン」を大きくキャッチコピーにしてしまうことです。

なぜなら、お店が新しくオープンしようが、リニューアルしようが、それはお店の都合であって、新しく来るお客様には関係がなく、関心もないからです。

これらのコピーはまさに効果のないキャッチコピーの典型なので、注意しましょう。

メディア

美容室のメディアも、統計データに基づいて、お店の半径何キロと決めて、その中にある住宅街やオフィスに届く方法を色々と試していきましょう。

美容室は色々なクーポン誌やポータルサイトなどに契約し、高額な広告費を払い、集客ができるけれど払った広告費を取り返せるほどではなく、利益が少なくなる。

けれど、集客がゼロになるのが怖くて広告掲載の契約を辞められないし、年間契約をしている場合だと1年間はやめられない。

こうやって苦しんでいる美容室さんがよくいらっしゃいます。

ダイレクトレスポンスマーケティングはできる限り狭く、深く、改善を繰り返していくマーケティング手法なので、上記のような大手の広告会社さんの提案する広告とは正反対といえます。

どちらがいい悪いではなく、結局どちらが集客できて、あなたのお店が潤うのかを考えてメディアを判断しましょう。

アフターフォロー

美容室はアフターフォローが比較的簡単です。なぜなら美容室に来るお客様は、何の躊躇もなくカルテに情報を書いてくれるからです。

この情報さえ取得してしまえば、フォローは簡単です。

来店後すぐお礼のダイレクトメール、3ヶ月毎の季節のダイレクトメール、お誕生日ダイレクトメールなど、何か理由をつけてどんどんダイレクトメールを送れば、普段はそのダイレクトメールが捨てられるとしても、髪を切りたいなと思ったタイミングで思い出してくれます。

 

お店の近くから攻めるというはっきりとしたマーケットの設定ができ、アフターフォローのしやすい美容室は、DRMの効果を発揮しやすい業種の1つといえるので、どんどんダイレクトレスポンスマーケティングを試していきましょう。

投稿者プロフィール

高木 佑介
高木 佑介

マーケティングオフィス KMP 代表


ダイレクトレスポンスマーケティングを日々研究し、クライアントさまの集客の仕組み作りを支援する。


特に紙媒体の広告が得意で、DRMの要素を盛り込んだチラシにより、反応率を平均4〜5倍増やした実績を持つ。


主な業務:DRMセミナー主催、コンサルティング業務、チラシ等広告媒体製作業務など


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です