検索結果を独占する方法

検索結果を独占する

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

キーワードに対して検索結果を独占する方法ってあります。

基本的には検索結果とは良いコンテンツを作れば上がってきますので、その検索結果に対する回答があれば必ず上位表示はされてきます。

ただ、もちろんキーワードによってそれなりの難易度があります。

検索結果の上位を独占するの非常に簡単

検索結果の上位を独占するということは簡単です。

ライバルに対する検索結果で、それ以上のコンテンツを作ればいいということです。

つまり、エンドユーザーが本当に必要な情報を提供するということです。

コンテンツを作った結果、確実に上位表示されます。

量・質ともに揃ったコンテンツを投入すれば確実に上位表示が行われます。

非常に簡単なことです。

では量・質ともに揃ったコンテンツはどのようにして作っていくのでしょうか。

これについてはまず、ウェブサイトを見ている人がどのように考えているかを考える必要があります。

検索語句について

どのような検索語句でウェブサイトに到達したかという情報が現在ではGoogleのプライバシーによって伏せられていますので、ある程度は公開してくれてい予想がつくのですが、正確に調べることができなくなりました。

ただ、検索キーワードに対して予想はつくと考えています。

その語句に対して色々とコンテンツを組み立てていくことで、検索エンジンに対して確実なアプローチをすることが出来ます。

ではどのようにしてアプローチをしていくかを説明します。

キーワードを決める

まずは検索してほしいキーワードを決めます。

私たちは「WordPress」なんかのキーワードがそれに当たります。

このキーワードが検索件数が多ければ多いほど検索されます。

ただ、ライバルも多いため検索順位がなかなか上がりにくい。

しかしながら、まずは検索で順位を独占したいキーワードを決めます。

検索順位チェックツールGRCで検索結果を調べる

検索順位チェックツールGRCで決めたキーワードに対して検索結果を調べます。

そのキーワードで検索した結果、100位以内にいるものが望ましいです。

基本的には1ページ以内、つまり10位以内に表示されなければ全く認識されていないキーワードということです。

その場合でも順位を上げていく方法はあります。

関連語(サジェスト)と共起語を調べる

ここでサジェストと共起語について調べます。

簡単に説明しますが、後日きちんと記事にしますので、こういうものだと覚えておいてください。

関連語(サジェスト)

ページの中でメインとなるキーワードと2語や3語で「たくさん検索されている」キーワードのことです。

検索欄にカーソル合わせてキーワードを入力しているときに表示される言葉が一般的にいうサジェストです。

共起語

ページの中でメインとなるキーワードとセットとして使われる確率が高いキーワードのことです。

例えば「WordPress」というキーワードに対して「ブログ」「プラグイン」「機能」「管理」などがこれに当たります。

関連語(サジェスト)と共起語についての記事を書く

関連語(サジェスト)と共起語についての記事を書いて、コンテンツを作っていきます。

ここの量と質が現在のSEOには非常に評価される部分です。

このために、記事を導入することが非常に有効に評価されています。

なので、まずは関連語(サジェスト)と共起語についての記事をどんどん書いてコンテンツを制作していきます。

関連語(サジェスト)と共起語についても検索順位ツールGRCで調べる

関連語(サジェスト)と共起語について作ったコンテンツもGRCで調べます。

1語のキーワードよりも遥かに順位が上がりやすいはずです。

地区ごとのキーワードも良いでしょう。

このコンテンツに対して2語、3語のコンテンツで1位を確実に取れるような記事を書き、コンテンツで埋めていきます。

つまり小さなキーワードで1位をどんどん独占していくということです。

それが検索数が10,000件程度でも構いません。

そうすることで、キーワードで1位表示されるものがライバルより多くなり、その結果、検索上位を独占できるようになります。

時間が掛かるが、非常に有効な方法

この方法でやっていけば必ず検索上位を独占することが出来ますが、検索キーワードに対する記事などのコンテンツを作る事が必要なため、非常に時間がかかるということもご理解いただけたと思います。

制作会社が行うSEO対策というのは高速化であったり、内部リンクの適正化ということです。

こういうコンテンツを作るということではありませんので、現在のSEO対策については制作会社は無意味です。

なので、自社サイトについてはしっかりとコンテンツを作っていただきたいと思っています。

個人的には100記事から確実に効果が出てきます。

100記事を作ることで、時間はかかってしまいますが、こんなに簡単に上位表示されることを考えれば、広告料金から考えると素晴らしく低コストで上位表示されるホームページ作ることが出来ます。

広告をかけたとしても他社よりコンテンツが優れているため、品質スコアも非常に高いスコアが出るはずですので、広告費を抑えることにもつながります。

手っ取り早く利益を出したいというのは、インターネット上では非常にコストの掛かることです。

起業して1年で365日ですので、毎日書いたとしても365記事書けます。

毎日2記事書けば730記事。

3記事書けば1,000記事以上。

そこまでは言いませんが、毎日365記事しっかり書くことでかなりの確率で検索上位に引っかかります。

もちろんかなりのアクセスもあるでしょうし、ランディングページがしっかりしていれば、そこからのお問合わせもどんどん来るでしょう。

そうなっていただくのが1番嬉しいですし、ウェブサイトにコンテンツをどんどん投入し、きちんと上位表示をさせることで、2年目の経営にインパクトを与えられるようなホームページを作っていただきたいと考えています。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健

WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。

ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です