コンテンツSEOのために記事のリライトを行っています

コンテンツSEOのための記事のリライト

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

最近、少しバタバタしておりましてやることがたくさんで大変でございます。

自社サイトのSEO対策として、記事のリライトを行いました。

コンテンツSEOとしての記事のリライト

記事のリライトとは記事を加筆修正するということです。

ウェブサイトの中でブログ記事を書いていると、思った通りのキーワードで検索順位が上がってくれば問題はありませんが、そうでないことも多々あるわけなんですね。

また、そのページが意図しない他の検索キーワードで流入していることもあるわけです。

そういう場合には、検索順位をあげるために、更なるアクセスの増加や滞在率のアップを目指して記事をリライトする、つまり加筆修正することが非常に大切になってきます。

きちんとキーワードに対して、同時に探されている関連語や共起語についても加筆することで検索順位は確実に上昇していくということです。

これこそがコンテンツSEOなんですね。

では具体的にどのようにすれば検索順位は上がっていくのかという方法を解説します。

Google Search Consoleでキーワード分析

まずはGoogle Search Consoleでキーワード分析を行います。

Google Search Consoleの使い方などについては後日詳しく記事にしたいと思います。

なぜGoogle Search Consoleで調べるかというと、どのような検索語句で、ホームページに流入しているのかということが解るからです。

現在ホームページにアクセスした人は検索を使ってきたり、SNSのリンクを辿ってきたり、お気に入りリストから来たり色々なパターンが有ると思いますが、まずは検索されている語句を確認します。

検索順位チェックツールGRCを使った検索順位の確認

検索順位をあげたいキーワードについて検索順位チェックツールGRCを使って、検索順位を確認します。

検索順位を確認することで、自分のウェブサイトがどれくらいの位置にいるかということを確認します。

このときに関連語(サジェスト)や共起語も同時に確認しておくと、どのようなキーワードで検索されているかも確認することができます。

また、Google Search Consoleで検索されている語句も確認すれば良いでしょう。

この時点でどのようなキーワードでの流入があるかが把握できるかと思いますし、キーワードの検索の件数に対しても把握できるかと思います。

キーワードに対して、記事をリライト(加筆修正)する

この時点で記事を加筆していきます。

例えば意図しているキーワードに対して検索順位が低い場合は、そのキーワードが単純にタイトルに入っていなかったり、記事の中でもあまりキーワードが出てこなかったり、関連語や共起語もどんどん加筆することによって、順位は上がっていきます。

また、どうしてもライバルが強かったりする場合はキーワードに対して新しく記事を作ることも必要な場合もあります。

あとはこのサイクルをどんどん繰り返していくだけ。

ライバルよりも圧倒的にコンテンツ量の多いサイトが完成します。

検索順位チェックツールGRCで検索すると、ライバルサイトも確認することができるのですが、ライバルのサイトよりも、読みやすく、量も豊富なサイトであれば、検索エンジンが評価しないわけがありません。

リライトを繰り返すことで、量と質の両面で検索エンジンに対してアプローチできるということです。

まとめ

まずはそのサイトが1番大事にしているキーワードについて1位を取得することを目指します。

そのキーワードだけに対して記事を書き、リライトし、更に記事を増やして検索エンジンに対してきちんとアプローチし、それを繰り返す。

この方法を使えば、どんな大きなキーワードでも、かなりの確率で健サック順位の1位を取得することが可能です。

そして、1位を取ることで、Googleにも評価されやすくなり、他のキーワードでも断然上がりやすくなるということです。

検索順位のランチェスター戦略と言うところでしょうか。

確実に勝てる範囲で1位を取ることができれば、確実に検索順位をあげることが可能です。

弊社管理サイトも、まだまだ小さいキーワードですが、水面下でどんどん1位を増やしております。

こういった方法を継続することがコンテンツSEOであり、ウェブサイトの運用です。

また、そうやって検索順位に対してしっかりとお教えするのが弊社のサービスですので、もっともっと実績を積み上げて行きたいと考えています。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。 ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です