ダイレクトレスポンスマーケティングで最も重要なスキル『コピーライティング』1

コピーライティング

当ウェブサイトをご覧くださいましてありがとうございます。

今回はダイレクトレスポンスマーケティングを進めていく上で最も大事なスキルについてお話しします。

それは「コピーライティング」。

すなわち、文章を書くスキルです。

広告の文章の質によって、その広告の反応率が大きく変わったり、お客様の信頼関係が深く築くことができたりするので、とても重要なスキルと言えます。

基本的に、ダイレクトレスポンスマーケティングの広告は以前にもお話ししましたが、デザインや写真などではなく、文章の力でお客様に商品、サービスを売り込んでいきます。

具体的には3つの段階でそれぞれのコピーが必要になります。

  1. 興味を引く
  2. 信頼を得る
  3. 行動させる

それぞれどんなコピーが必要になるか見ていきましょう。

興味を引く

まずマーケットにコピーを発信して、お客様になる可能性のある人「見込み客」にこちらに興味を持ってもらう必要があります。

このときに大事なのは、とにかくお客様目線のメリットを提示することです。

決して嘘ではないけれど、少し大げさというくらいのメリットを文章にして、発信しましょう。

信頼を得る

興味を持ってくれたお客様と信頼関係を作っていくのにもコピーが必要です。

なぜお客様にメリットがあるのか、その理由に説得力がなければ信頼は得られません。

また、実績を示す文章の量も大事になってきます。

信頼関係は急にできるものではなく、少しずつ積み上げていくものなので、実績をたくさん文章で残し、それを少しずつ発信していくことでお客様との信頼関係を作っていきましょう。

行動させる

お客様と十分に信頼関係が築けたら、購買してもらうところまで導いていきます。

ここでも文章の力が必要です。

商品・サービスに興味を持ち、信頼できることがわかったから買おうかな?と思ってくれたお客様に、購買の方法をわかりやすく提示するのがここでのコピーです。

このコピーはダイレクトレスポンスマーケティングの中ではCTA(コールトゥアクション)といい、簡単にいえばお問い合わせ方法です。

お問い合わせの方法をできるだけ簡単にし、子供や、学生でもわかるような文章で行動してもらえる方法を明確に文章を書いていくことが大事です。

 

これらのようにダイレクトレスポンスマーケティングでは3通りの文章を書く必要がありますが、コピーライティングはなかなか奥が深いので、すぐに上手くなるというものではありません。

たくさんの広告を作ったり、アクセス数のあるネットコンテンツの文章を見て勉強しながら、ライティングスキルを磨いていきましょう。

そしてあなたの商品、サービスにより興味を持っていただき、より信頼していただき、より購入方法を明確にすることによって、売り上げを上げていく。

それがダイレクトレスポンスマーケティングの中のコピーライティングの役割です。

投稿者プロフィール

高木 佑介
高木 佑介
マーケティングオフィス KMP 代表 ダイレクトレスポンスマーケティングを日々研究し、クライアントさまの集客の仕組み作りを支援する。 特に紙媒体の広告が得意で、DRMの要素を盛り込んだチラシにより、反応率を平均4〜5倍増やした実績を持つ。 主な業務:DRMセミナー主催、コンサルティング業務、チラシ等広告媒体製作業務など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です