ランディングページとは

ランディングページ

37Designのブログをご覧くださいましてありがとうございます。

「ランディングページ」について書いていきたいと思います。

「ランディング」とは英語で「landing」、つまり「着陸」という意味です。

ウェブサイトの中の着陸するページという意味で、一般的にはウェブサイトを見ている人に対して、商品を購入したり、お問合わせを促したり、見込み客として登録してもらったりするページのことを指します。

ウェブサイトで大事なこと

ウェブサイトの中で一番大事なことは、そのページを見てもらうことですが、ビジネスにおけるウェブサイトの役割は違ってきます。

お客様にたいして商品やサービスの内容を知ってもらい、最終的には購入していただいくということになります。

ということは、ウェブサイトのページ上で、購入ボタンを押したり、お問合わせしてもらったり、メールアドレスを登録してもらうという事が必要になってきます。

ランディングページはアクションを起こしてもらうページ

ランディングページは上記のアクションを起こしてもらうページだと考えていただいていいと思います。

アクションを起こしてもらうことを「コンバージョン」と言います。

ホームページを見ている人に対して、商品やサービスの購入、お問合わせ、メールアドレスの登録などの「コンバージョン」を起こさせるためのページです。

つまり、「コンバージョン」を得るというアクションを起こしてもらうという目的があるページだということです。

こちらのウェブサイトでは、ランディングページを作って、それらをお客様に合わせて最適化して、コンバージョンを増やしていくということを目標にしています。

弊社のランディングページやお客様のランディングページの実例を紹介しながらコンバージョンアップの手法をご紹介していきたいと考えています。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。
ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。