テキストメインのランディングページの制作

ランディングページ

37Designのブログをご覧くださいましてありがとうございます。

引き続きランディングページを制作しております。

今日でほぼ完成です。

今回はテキストメインのランディングページなんですがテキストメインでも素晴らしいものができると考えています。

弊社で制作するランディングページなんですが、WordPressを導入していただいている場合、予算に応じまして、最初の段階でテキストメインならば10万円から、デザイナー入れて、写真撮影したり動画入れたりしても100万円程度までで制作させていただいております。

個人的には低予算で、ファーストビューのバナーとテキストベースのランディングページを制作していき、運用段階でABテストなどを繰り返してPDCAを回していくのが良いかなと考えています。

 

きちんと運用していくことで、他社様より成績がかなりいいというお声をいただき、かなり好評です。

 

今回はバナーを数点と写真などの導入とテキストの推敲を行い、ランディングページに構築していきました。

テキストも要所要所に目立つようなマーカー線と赤文字を入れています。

強調したい部分はこのように訴求できるようにしています。

 

また、かなりのボリュームのあるサイトになったんで、要所要所にフォームまでのスムーススクロールのバナーを設置しました。

メインターゲットがスマートフォンを使っている世代であるということがアクセス解析からもはっきりわかっているので、スマホ対応もキチンと行っています。

ここらへんで作り込みの差が出てきます。

ただ単にレスポンシブデザインのウェブサイトでは見にくい場合も多々ありますが、こういったところもしっかりと確認を行います。

 

フォームも簡単にお問合わせができるように、名前と電話番号と、セレクトボックス2つというシンプルなものにしています。

かなり入力し易いのではないでしょうか。

個人的にはよく出来ていると感じます。

 

ですが、このよく出来ていると思うということが落とし穴なんですね。

良いものをつくるだけでは不十分です。

きちんとテストを行い、ヒートマップやアクセス解析を見て目標の数値が出るまでPDCAを回して改善していく必要があります。

そうやってどんどん良いサイトになっていくということですね。

これはランディングページに限らず、SEOなどにも通じる考え方です。

目に見えて効果がわかるウェブサイトならではの改善方法ですね。

 

ちなみに、37Designのウェブサイトでも日に日に改善を行っています。

アクセス数もどんどん上がっています。

数値が上がると人間楽しくなってくるもので、最近運営しててかなり楽しくなってきました。

次はコンバージョンをあげるための施策を行っていきます。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。
ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。