ダイレクトレスポンスマーケティングのアフターフォロー3

ダイレクトレスポンスマーケティングのアフターフォロー

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

前回、ダイレクトレスポンスマーケティングのアフターフォローのニュースレターについてのお話をしました。

ニュースレターは売り込みではなく、信頼関係を構築するためのツールであることをお話し、ダイレクトメールとニュースレターの組み合わせについてもお話ししました。

このアフターフォローの手法ですが、慣れるまではとても手間がかかり、面倒な作業が多いので、リピーターを作るためだけでなく、新規集客にも使う方法を今回お話しします。

見込み客へのフォロー

このアフターフォローの手法は、見込み客へのフォローでも効果を発揮します。

例えば、税理士さんが集客をする時に、無料会計セミナーを開催し、そこで集客したお客様と名刺交換をします。

この時点では無料セミナーに来ていただいたお客様は、まだサービスを販売していない、見込み客です。

この見込み客に、ただお問い合わせが来るのを待つのではなく、プッシュ型のフォローを前回お話ししたダイレクトメールやニュースレターで行います。

せっかくセミナーや交流会などで見込み客に出会い、名刺交換をしたにもかかわらず、このフォローをせずに、ただ名刺が溜まっていくという方がたくさんいらっしゃいます。

それは今まではもらった名刺をどうすればいいかわからなかったのだと思いますので、ぜひお客様のアフターフォローのプロセスに見込み客のリストも追加して、一度のフォローで新規集客もリピーター集客もしてしまいましょう。

アフターフォローの一つ「メールマガジン」

ダイレクトメールやニュースレターだとアフターフォローとして成果が出やすいですが、やはり費用がかかってしまいます。まだ費用をかけられないという方には無料でできるアフターフォローとして「メールマガジン(メールマガジン)」があります。

お客様にメールで発信をする手段ですが、このメールマガジンについてもポイントをお伝えしておきます。

メールマガジンは無料で配信できるので、試される方が多く、ライバルが多いです。ですので、他のメールマガジンから抜きん出なければなりません。

そのためにオススメの方法は「普通なら有料の情報を無料で提供する」ことです。

メールマガジンで、ただ自分のビジネスの知識を書いて送っても、忙しいお客様は、よっぽど興味があるか、よっぽど時間があるときしか読んでもらえません。

そして先ほどもお話ししたように、メールマガジンはライバルが多いので、スルーされる確率がとても高くなります。

そこで、普通なら有料の情報を無料で公開します!と発信し、実際に自分が有料で得た情報、知識などを惜しみなく提示するのです。

ここでお客様の心理としては、有料の情報を無料で得られるなら欲しいなという心理になります。

そして返応性の法則が働き、いつも有料の情報を無料で提供してくれるあなたに借りを返す心理で問い合わせをしてくれやすくなるのです。

ここで有料の情報を提供するとそれを利用されてしまうのではないか?と思われる方もいらっしゃいますが、有料の情報を落とし込んで行動を起こす人はなかなかいません。

行動を起こそうとした人も上手くいかないことが多く、結局専門家に任せようかということになりますので、安心して有料情報を無料公開してください。

これがいいメールマガジンのポイントです。

アフターフォロー、見込み客フォローを実践して、どんどんリピート客を増やし、最終的には「営業しなくても集客できる仕組み」を作り上げましょう。

投稿者プロフィール

高木 佑介
高木 佑介
マーケティングオフィス KMP 代表 ダイレクトレスポンスマーケティングを日々研究し、クライアントさまの集客の仕組み作りを支援する。 特に紙媒体の広告が得意で、DRMの要素を盛り込んだチラシにより、反応率を平均4〜5倍増やした実績を持つ。 主な業務:DRMセミナー主催、コンサルティング業務、チラシ等広告媒体製作業務など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です