WordPressにログインしての管理画面(ダッシュボード)を表示する

WordPressの管理画面を表示する

WordPressにはホームページを表示している公開画面(フロントエンド画面・ブログ画面などとも言います。)と、WordPressの設定などを行う管理画面(ダッシュボード・バックエンド画面などとも言います。)の2つの画面があります。

言い方はたくさんありますが、WordPressにユーザー名とパスワードを入れログインすることで、管理画面に入ることができます。

特に初心者の場合、どのようにして管理画面を表示するかわからないことがありますので、今回は管理画面への入り方を詳しく説明します。

WordPress管理画面(ダッシュボード)の表示方法

WordPress管理画面の表示方法は以下のとおりです。

ブラウザにURLを入力し、WordPressの公開画面を表示する

まずはブラウザのアドレス入力欄にURLを入力し、WordPressの公開画面を表示します。

今回はブラウザはGoogle Chromeを使用しています。

WordPress ブラウザ URL 入力

トップ画面が表示されます。

WordPress トップ画面

URLに「/wp-login/」もしくは「/wp-admin/」と追加してアクセスする

ブラウザのアクセス入力欄に、「/wp-login/」と入力し、アクセスします。

「/wp-admin/」を使うことも可能です。

WordPress ログイン 管理画面 アドレス入力欄

ユーザー名とパスワードを入力し「ログイン」する

ログイン画面がでてきますので、ユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

この時、他人が使わないパソコンですと、ログイン状態を保存しておくのが便利です。

その場合、セキュリティには注意しましょう。

WordPress管理画面 ログイン

WordPress管理画面(ダッシュボード)が表示される

WordPressの管理画面が表示されました。

WordPress 管理画面

以上がWordPressの管理画面の表示方法となります。

管理画面を表示する際の注意

WordPressのログイン画面は、URLなどにかかわらず、トップページのURLに「/wp-login/」や「/wp-admin/」を入力すれば出てくることが多いです。

WordPressはそのユーザー数の多さから、乗っ取りなどの被害にを受けやすいシステムであると言われています。

乗っ取りなどの被害を防ぐために、WordPressのプラグイン「SiteGuard WP Plugin」などでログインページのURLを変えたり、管理画面自体の表示にパスワードをかけたりすることもできます。

当ホームページでもセキュリティ対策を推奨していますので、何らかのセキュリティ対策を行うほうが望ましいです。

なので、一概にこの方法でログインできるとは限りません。

設定したログイン情報を忘れてしまうと、管理画面に入れないという事態もにもつながりかねませんので、WordPressを扱う際は、自身でセキュリティ情報を管理するなどして、サイトをきちんと管理できるように心がける様に心がけておきましょう。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健

WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。

ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です