WordPressの投稿ページについて

WordPress投稿ページ

WordPressの投稿ページとはその名の通り、WordPressを管理している人が投稿するためのページのことです。

WordPressには初期状態で投稿ページと、固定ページの2種類のページの作成方法があります。

基本的には投稿ページはブログのように時系列に並んで追加していくもの、固定ページはホームページのトップページ、会社情報やお問い合わせページのようにずっと表示させるものというふうに使い分けします。

今回は投稿ページについての説明です。

固定ページについての説明 → WordPressの固定ページについて

WordPressの投稿ページは時系列のブログ記事

WordPressの投稿ベージは時系列に並んでいくブログの記事だと思っていただいて結構です。

なので投稿ページには、公開時間や編集時間の概念があります。

管理画面から投稿ページを一つずつ新しく作っていくことで、WordPressの中に投稿した記事がどんどん溜まっていきます。

それをホームページ上の公開画面で並べて表示しているというものです。

投稿ページのカテゴリーとタグ

投稿ページには

  • カテゴリー
  • タグ

という2つの分類方法があります。

分類することで、同じカテゴリーやタグの記事を集めて表示させることも可能ですし、ホームページを見ている人も過去の記事を見つけやすくなるというメリットがあります。

それぞれの特性を知って、用途によって使い分けることでたくさんのメリットが増えてきます。

特にホームページを制作するに当たって、カテゴリーで分類することが重要になってきますので、最初の時点でしっかりとカテゴリーを設定することを忘れないようにしましょう。

カテゴリー

「カテゴリー」は投稿記事のジャンルによって分類する設定となります。

WordPressの公開ページ内に同じカテゴリーの記事を並べたり、其のカテゴリーの記事で記事を抽出することもできます。

「親カテゴリー」「子カテゴリー」のように大分類の中に小分類があるという親子関係を持つことが出来ます。

カテゴリーページの設定は検索エンジンに対しても非常に有効です。

カテゴリーは基本的には1つの記事に1つが理想的です。

例えば、一般のホームページですと「ニュース」「新商品情報」「施工事例」など、一般のブログだと、「日記」「カフェ情報」「ランチ情報」などが該当します。

このサイトでしたら、「WordPressテーマ」「WordPressプラグイン」などのカテゴリーを設定してでジャンル分けを行うことで、非常にわかりやすく分類することが出来ます。

タグ

「タグ」は投稿記事のキーワードによって分類する設定となります。

WordPress内で同じキーワードをタグとして設定しておくと、そのタグから記事を見つけやすくなります。

カテゴリーと違い、キーワードをメインとするため親子関係を作ることができません。

1つの投稿に対してたくさんのタグを付けることが出来ますが、利便性が下がるのでたくさんのタグを付けすぎないようにするほうが良いでしょう。

例えばこのサイトでしたら、「テーマ」「固定ページ」「投稿ページ」「サーバー」などのキーワードが該当します。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。 ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です