WordPressの固定ページについて

WordPress 固定ページ

WordPressの固定ページとはブログではないホームページを作るための独立したページのことです。

WordPressには初期状態で投稿ページと、固定ページの2種類のページの作成方法があります。

基本的には固定ページはホームページのトップページ、会社情報やお問い合わせページのようにずっと表示させるもの、投稿ページはブログのように時系列に並んで追加していくものというふうに使い分けします。

今回は固定ページについての説明です。

投稿ページについての説明 → WordPressの投稿ページについて

WordPressの固定ページは独立したページ

WordPressの固定ページは独立した任意のページを表示させるものだと思っていただいて結構です。

公開日などの概念はありますが、基本的に時系列にならないトップページや、会社概要、お問い合わせページなどが固定ページにあたります。

カテゴリーやタグなどの概念もありませんので分類することもできません。

例えば、企業のホームページですとブログがトップページだったら企業のブログと認識されます。

ブログではないウェブサイトを作るときに必要となるページを固定ページで制作するということですね。

先程出た企業のページで例を上げてみますと、

  • トップページ
  • 会社概要
  • アクセスマップ
  • お問い合わせページ
  • ランディングページ
  • プライバシーポリシー

などのページなどが該当します。

製品情報なども独立したページで作ることもありますが、新商品などの新しい情報などの告知は投稿ページなどで行うことが多いです。

固定ページは親子関係が作れる

WordPressの固定ページには親子の関係を作ることが出来ます。

会社概要の中のアクセスマップであったり、代表者プロフィールであったり、親ページの下のディレクトリに固定ページを作ることが可能です。

これにより、ページの整理が非常にしやすくなっています。

個別のテンプレートを使い固定ページのデザインを変更することができる

また、少々難易度が上がりますが、固定ページごとに違うテンプレートを使うこともできるため、ホームページ自体のデザインなどがしやすくなります。

基本的に時系列などではないページは固定ページで制作しましょう。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。 ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です