WordPressのアーカイブページについて

WordPressアーカイブページ

WordPressのアーカイブページとは、カテゴリーやタグ、投稿者などで抽出した記事を自動的に生成され表示するページのことです。

アーカイブページは管理画面には表示されず、各々のカテゴリーやタグ、投稿者などで分類されたページです。

カテゴリー、タグ、投稿者などで自動的に生成されるページですので、特に管理画面でする必要はありません。

ブログはすべての記事をまとめたものですので、すべての記事のアーカイブと言ってもいいでしょう。

難易度は上がりますが、アーカイブページでは決まったカテゴリーの記事を並べることや、昇順降順の設定、特定のカテゴリーの表示や非表示、タグとカテゴリーやユーザーなどの複合的な条件を合わせたものの表示も可能です。

固定ページは基本的には独立したページのため、アーカイブページは生成されません。

投稿ページのみ、アーカイブページが生成されます。

カテゴリーアーカイブ

投稿をカテゴリーごとに抽出したページのことです。

該当するカテゴリーの記事を、カテゴリーIDや、カテゴリーのスラッグなどで指定することが出来ます。

カテゴリーアーカイブはホームページ全体のうちでどのようなコンテンツがあるかを判断する上で、非常に重要な役割を担っています。

もちろんユーザーの利便性をあげたり、SEO(検索エンジン対策)的にも非常に重要な部分となっています。

カテゴリーの設定をきちんとして、カテゴリーアーカイブがページ全体にしっかりと表示される事が理想的だと考えていますので、よく考えて設置するようにしましょう。

タグアーカイブ

投稿をタグごとに抽出したページのことです。

該当するタグの記事を、タグIDや、タグのスラッグなどで指定して表示することが出来ます。

タグアーカイブはカテゴリーアーカイブほどではありませんが、ユーザーの利便性が上がったり、SEO(検索エンジン対策)的にも有効です。

タグの設定はきちんとするようにして、タグクラウド(タグの一覧を表すブログパーツ)などからアクセスできるようにしておけば、ユーザーの利便性も向上します。

ユーザーアーカイブ

投稿をユーザーごとにまとめたページです。

WordPressではユーザーという機能があり、Aさん、Bさんというふうに多人数の投稿者がいる場合にWordPressのアカウントを発行することが出来ます。

全部の投稿の中で、Aさんの記事一覧、Bさんの一覧などというふうに抽出したページがユーザーアーカイブとなります。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。
ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。