WordPressの固定ページを作成する

固定ページを作成する

WordPressの固定ページの作り方について簡単に解説します。

固定ページは投稿ページと違って時系列でない独立したものを表示するページです。

個人のホームページではプロフィールやお問い合わせのページなどが固定ページに該当します。

今回は簡単に固定ページを作れるように、ビジュアルエディタを使います。

入力方法はブログ記事を投稿することとほぼ同じです。

ブログの投稿方法 → WordPressでブログ記事を投稿する

個人プロフィールを例に固定ページを作成する流れを説明します。

WordPressで固定ページを作成する

管理画面から固定ページの新規追加画面を開く

WordPress管理画面にログインします。

WordPress 固定ページ 管理画面

上部の[新規] → [固定ページ]もしくは、左側[固定ページ] → [新規追加]をクリックします。

「新規固定ページを追加」画面が表示されました。

タイトルを入力する

「ここにタイトルを入力」と書かれた部分がタイトルの入力画面です。

こちらに固定ページのタイトルを入力します。

今回は「プロフィール」という固定ページを作成します。

タイトルに「プロフィール」と入力します。

固定ページ タイトル入力 WordPress

パーマリンクを入力する

タイトルを入力すると、パーマリンクが追加されます。

パーマリンクとは、固定ページの個別のURLのことです。

投稿とは違い、「https://ブログURL/固定ページのタイトル」となっており、ドメイン直下に固定ページが来るようになっています。

この時点の設定によってパーマリンクが表示されない場合もありますので、なければ下記のプレビュー後や、固定ページの公開後に表示されます。

[編集]をクリックすると変更することも可能ですが、固定ページの公開後はできるだけ変更しないようにしましょう。

WordPress 固定ページ パーマリンク

本文・画像を入力する

本文入力欄のボタンを使ってリストを作ったり、引用したり、リンクを貼るなどいろいろなことが可能ですが、長くなるので別記事で解説します。

今回も説明したとおり、ビジュアルエディタを使いますので、本文入力欄の右上の、[ビジュアル][テキスト]タブの[ビジュアル]をクリックして選択します。

WordPress 固定ページ 本文入力

今回は画像、見出し、段落を入力します。

画像を入力する

本文入力欄をクリックして、画像を入力します。

カーソル位置には注意しましょう。

固定ページ 画像入力 WordPress

カーソルを持っていかないと意図しない場所に画像が入り込んだりして困りますので、必ずカーソルを持っていくようにしましょう。

また、文字の後ろにカーソルを持っていくと、その場所に画像が入り込んでしまいますので、こちらも気をつけましょう。

カーソルを持っていったら本文入力欄左上の[メディアを追加]をクリックします。

WordPress 固定ページ メディアを追加

「メディアを挿入」という場面が出てきます。

こちらで画像ファイルなどをホームページに入力することが出来ます。

WordPress ブログ投稿 メディアアップロード

画像ファイルをそのままドラッグアンドドロップでアップロードすることも出来ますし、画像ファイルを選択することも出来ます。

今回は[ファイルを選択]をクリックします。

PCのエクスプローラーが開きますので、画像ファイルの有る場所から画像をクリックして選択し[開く]をクリックします。

今回はプロフィールの写真を選択します。

メディア挿入画面(メディアライブラリ)にアップロードが完了しました。

WordPress 固定ページ メディアを挿入

次は本文に入力するための詳細設定です。

メディアライブラリの右側の「添付ファイルの詳細」を確認します。

WordPress 固定ページ 画像挿入

いちばん重要な入力項目が、「代替テキスト」です。

こちらが画像が何を表しているかの情報となり、検索エンジン対策にも非常に有効ですので、必ずどういうものを示すかということを書いておきましょう。

今回は「古田健のプロフィール」と入力しました。

そして、添付ファイルの表示設定の欄へいきます。

配置:なし

リンク先:なし

サイズ:フルサイズ 300✕300

配置は「右寄せ」「左寄せ」「中央寄せ」「なし」の4項目です。

左寄せと配置なしは両方共左によりますが、右側に文字などが回るのが左寄せ。

反対に右側に文字が回らないのが配置ナシです。

テーマによって決まる場合もあります。

リンク先はクリックしてアクセスする先のことです。

サイズはおおよそ大サイズでブログの横幅いっぱいを使うような設定、中サイズでブログの半分ほどの幅となります。

今回は大サイズを使用します。

テーマによってアップロードされるサイズがちがいます。

設定が完了したら、右下の[投稿に挿入]をクリックして、画像を本文に入力します。

WordPress 画像挿入 固定ページ

画像が挿入されました。

見出しを入力する

見出しを入力していきます。

これは検索エンジンが評価するべき部分ですので、キチンと入れておくほうが良いでしょう。

まずはそのまま本文欄に文字を入れていきます。

画像の下にカーソルを持っていってください。

カーソルがいかない場合は一度上で入れた画像の右側をクリックし、そこからEnterキーを押すと改行されます。

今回は「古田健のプロフィール」という文字を入力しました。

WordPress 固定ページ 見出し追加

「古田健のプロフィール」の右側でクリックし、カーソルを文字の右側に持っていきます。

上部の段落のセレクトボックスをクリック後、「見出し2」をクリックして選択します。

WordPress 固定ページ 見出し入力

「段落」が「見出し2」に変わりました。

WordPress 見出し 固定ページ

段落を入力する

本文である段落を入力します。

段落とは普通の文章のことです。

文字を入力して行きます。

Enterを押すことによって新しい段落に移行することが出来ます。

WordPress 固定ページ 段落

このように文章を書いていきます。

プレビューする

公開する前にブログを確認することが出来ます。

この作業を「プレビュー」といいます。

ブログ画面の右上の公開パネルから、[プレビュー]をクリックします。

WordPress 固定ページ プレビュー

ブラウザの新しいタブにプレビューが表示されますので記事を確認します。

WordPress 固定ページ プレビュー

きちんと表示されていましたので、プレビュー画面のブラウザのタブを閉じます。

タブが多くなるとブラウザ上で管理しにくいので、プレビューで出てきたタブは閉じることをおすすめします。

公開する

プレビューで問題がなければいよいよ記事を公開します。

[公開]をクリックして公開します。

固定ページ 公開 

公開が完了すると、「ページを公開しました。ページを表示」と出ますので、クリックして記事がきちんと表示されているか確認します。

固定ページ 公開 WordPress

固定ページに移動して確認します。

WordPress 固定ページ 公開

以上でWordPressのブログの投稿は完了です。

この他にもWordPressの固定ページを投稿する方法は何通りもあります。

どんどん編集を加えてコンテンツを充実させていくことが大事であると考えています。

固定ページ内に機能を追加する拡張機能などもありますので、こちらの説明もどんどん追加していきます。

また、初期設定ではブログ投稿は自動的に時系列に並べられて表示されますが、固定ページはリンクが無いものもありますので、そのままでは公開画面からの入り口がないということになってしまいます。

管理画面 → 外観 → メニュー から「メニュー」などにページを追加して、リンクさせる必要がありますので注意して下さい。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。 ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です