WordPressのプラグインの更新を行う

WordPressプラグイン更新

WordPressには更新を通知してくれる機能があります。

今回はプラグインの更新の通知がありましたので、プラグインの更新を行います。

WordPressの本体の更新 → WordPressの更新を行う

管理画面から簡単に行うことができるのですが、本体の通知と同様、不具合を起こす可能性もあるので注意しましょう。

この記事を書いた時点(2017.8.3)でのWordPressのバージョンは4.8.1となります。

4.8.1でのプラグインの更新方法です。

WordPressを更新する

通知を確認する

WordPressの通知を確認します。

通知はWordPress本体の更新の通知だけでなく、プラグインの更新、テーマの更新や翻訳の更新など、いろいろな通知が表示されますので、まずは何の更新であるかを確認します。

更新がある場合、下記部分に数字がでますので、そちらをクリックします。

数字は更新の数です。

WordPressプラグイン更新

プラグインの横の数字を押すと、プラグイン一覧から更新することができますが、更新画面から行う方法と若干方法が違いますが、基本的な動きそのものは同じです。

更新画面からプラグインを更新する

今回は更新画面からプラグインの更新を行います。

まずはメニュー左側の[更新]か上部の[ ]をクリックします。

「WordPressの更新」画面が表示されます。

WordPressの更新

「プラグイン」の欄に更新するプラグインがあるかを確認します。

今回は「EWWW Image Optimizer」というプラグインの更新通知がありましたので、こちらを更新します。

現在のバージョンは3.5.1で、次のバージョンは3.6となります。

「EWWW Image Optimizer」とタイトルの書いた左の列のチェックボックスをクリックし、チェックを入れます。

WordPress プラグイン 更新

更新するプラグインが複数あり、すべてにチェックを入れる場合は[すべて選択]をクリックします。

今回は1箇所にチェックを入れたのですが、1つしか無いため、[すべて選択]にチェックが入りました。

[プラグインを更新]をクリックします。

WordPressプラグイン更新

上下2箇所ありますが動きは同じです。

自動的にメンテナンスモードになり、更新が開始されます。

更新が終わればメンテナンスモードが解除されます。

WordPressプラグイン更新

「EWWW Image Optimizer(プラグイン名) の更新に成功しました。」と表示されれば更新完了です。

以上がプラグインの更新方法です。

プラグイン更新の注意点

この時にWordPressに変更を加えるとメンテナンスモードが解除されない場合がありますので注意しましょう。

また、基本的にはプラグインディレクトリで配布されているプラグインはWordPressのバージョンやプラグインのバージョン、競合するプラグインによっては不具合が出る可能性もあります。

プラグインの更新作業をする場合はバックアップをとることをおすすめします。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。
ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。