WordPressプラグイン AutoptimizeでWordPressを高速化する

Autoptimize

WordPress講座をご覧くださいましてありがとうございます。

WordPressの高速化の一つはhtmlとCSSとJavascriptを最適化することです。

最適化とは、htmlやCSSやJavascriptなどに含まれている改行や不必要なコードを排除し、それらをキャッシュさせることで読み込みを素早く行えるようにすることです。

キャッシュを使ってWordPressを高速化する → 【中級者向け】WP Fastest CacheでWordPressを高速化する【WordPressプラグイン】

今回は強力な最適化プラグインである「Autoptimize」の使い方を解説します。

特に難しい設定もせずに使うことが可能なのですが、設定によってはページを読み込む順番が変わってしまって、ページが真っ白になってしまったりする恐れもあります。

また、ページのデザインなどを変えても反映されない場合もありますので、その場合はキャッシュを削除しましょう。

バックアップを取るなどして、安全に進めて下さい。

Autoptimize

WordPress プラグインディレクトリ → https://ja.wordpress.org/plugins/autoptimize/

製作者ページ → http://blog.futtta.be/

Autoptimizeの使い方

Autoptimizeを使う際の注意

ソース最適化系のプラグインは有効化する前に必ずバックアップをとるようにして下さい。

また、ほかのソース最適化系のプラグインは停止させるか、削除を行うなど、競合をさけるようにして下さい。

WP Fastest Cacheのインストールと有効化

管理画面 → プラグイン → 新規追加をクリックします。

プラグイン 新規追加

「プラグインの検索」欄に「Autoptimize」と入力します。

Autoptimize インストール 有効化

[今すぐインストール]をクリックし、[有効化]をクリックします。

管理画面メニューの上部に「Autoptimize」が表示されました。

Autoptimize 管理画面

Autoptimizeの設定

WordPressのプラグイン、「Autoptimize」によって、今回はhtmlと、CSS、Javascriptの3つを最適化していきます。

管理画面上部の「Autoptimize」をクリックして、「Autoptimize 設定」を開きます。

Autoptimize 設定

「HTMLコードを最適化」「JavaScriptコードの最適化」「CSSコードを最適化」のチェックをすべて入れます。

CDNのベースURLの欄は空欄にしておいて下さい。

「変更を保存してキャッシュを削除」をクリックします。

Autoptimize 設定

設定を保存しましたと表示されれば完了です。

Autoptimize 設定

Autoptimizeの速度比較

Autoptimize有効前と有効化後でどのくらいの差が出るか検証します。

「WP Fastest Cache」を有効化した状態で、「GTmetrix」「Google PageSpeed Insights」の2つのサービスを使って速度を比較します。

使用したサーバーは「エックスサーバー」です。

 

有効化前

GTmetrix

GTmetrix

Google PageSpeed Insights

Google PageSpeed Insights 

 

有効化前のスコア

有効化前のスコアは、GTmetrixがA(95%)とB(85%)と、WordPressではかなり高速です。

WP Fastest Cacheがかなり優秀な成績を出しています。

Google PageSpeed Insightsでは、モバイル63ポイント、パソコン73ポイントと、「Poor」「Needs Work」表示がされます。

有効化後

GTmetrix

GTmetrix

Google PageSpeed Insights

PageSpeed_Insights

PageSpeed_Insights

有効化後のスコア

有効化後のスコアは、GTmetrixがA(95%)とB(87%)と、スコアが少しだけ伸びました。

Google PageSpeed Insightsでは、モバイル68ポイント、パソコン82ポイントと、両方共「Needs Work」表示がされます。

Autoptimizeで高速化

WP Fastest Cacheを入れていたため、もともとかなりの高速化が出来ていたのですが、それよりも高速化することが出来ました。

キャシュ系のプラグインと競合は起こりませんし、かなり優秀なプラグインだと感じます。

Google PageSpeed Insightsに関しては、不必要なCSSやJavascriptを最後に読み込むプラグインで対応しようと考えています。

Autoptimizeによる高速化はキャッシュ系プラグインの導入に続いて有効なのでおすすめです。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。 ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です