WordPressのキャッチフレーズ(ディスクリプション)の変更方法

WordPressキャッチフレーズ変更

WordPress講座をご覧くださいまして有難うございます。

WordPressのキャッチフレーズ(ディスクリプション)を変更する方法です。

初期設定では「Just another WordPress site」と設定されています。

日本語で「まさに別のもののワードプレスのサイト」という意味だそうですが、初期設定では意味がありません。

ホームページやブログの中でも、このキャッチフレーズはサイトの概要を解説していますし、ホームページの中でも何回も表示されますので、キャッチフレーズはとても大切です。

それではキャッチフレーズを設定する方法を解説します。

WordPressのキャッチフレーズの変更方法

WordPressのキャッチフレーズの変更方法です。

キャッチフレーズはホームページやブログを見る人や、検索エンジンに対してとても有効に働きます。

きちんと考えて設定しましょう。

それでは解説していきます。

WordPressの管理画面(ダッシュボード)を開く

まずはWordPressの管理画面を開きます。

【初心者向け】WordPressの管理画面(ダッシュボード)を表示する

WordPress管理画面

「一般設定」画面を開く

左側メニューの「設定」をクリックし、「一般設定」画面を開きます。

WordPress 一般設定

「キャッチフレーズ」を変更する

「キャッチフレーズ」欄をクリックし、新しいキャッチフレーズを入力します。

キャッチフレーズ変更 WordPress

「Just another wordpress site」を消したい

初期設定でサイトに表示されている「Just another WordPress site」を消したい場合はこちらを空欄にすることで非表示にすることも可能ですが、ホームページやブログを見ている人がわかりやすいように、出来る限りサイトを表したキャッチフレーズを入力するようにしましょう。

キャッチフレーズの変更を保存する

新しいタイトルの入力が完了したら、そのまま下まで画面を移動させていき、「変更を保存」をクリックします。

WordPress キャッチフレーズ変更 保存

キャッチフレーズの確認

キャッチフレーズが変更されているかを公開画面で確認します。

WordPress キャッチフレーズ 変更

テーマによっては表示されないこともありますが、今回使用しているテーマ、Lightning(プロバージョン)では変更されているのが確認できました。

以上でキャッチフレーズの変更は完了です。

WordPressのキャッチフレーズの変更するときの注意点

ホームページやブログにとって、キャッチフレーズはタイトルに次いで、そのウェブサイト自体の概要を表すものとして非常に重要なものとなってきます。

よく考えてきちんとホームページ自体をきちんと表したキャッチフレーズにするようにしましょう。

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健
WordPressを使ったホームページの構築を得意としており、その中でも企業が勝ち残るため、強みを徹底的に研ぎすませた、一点突破型ランディングページを提案している。
ECサイトからスタートアップのサイトまで幅広く手がけ、、サイトの改善をおこなうことで、売上をあげる実践的なWebマーケティングを行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です